高額の決め手は発行枚数?

古銭を集めている人々にとっては、現在使われている五円玉についても、額面通りの価値であるとは限りません。製造された年代によっては、額面以上の価値があることも、しばしばあることなのです。

こうした硬貨の価値が上がる理由は、発行枚数が少ないことです。その年ごとに硬貨の発行枚数は違うのですが、何らかの事情によって特に少ない年、というものが時折現れます。そうした年に発行された硬貨は、流通した数が少ないためにコレクターの間で、取引価格が上がるのです。

五円玉の場合、平成12年と昭和32年のものが額面よりも高値で取引されます。特に昭和32年に発行されたものは、普通に流通していた並品であっても額面の100倍ほどの値段になります。ほぼ見つからないであろう完全未使用品になれば、さらに跳ね上がります。また、平成12年のものはこれよりも安いですが、やはり額面以上の値段になります。

この他、昭和24年から昭和33年に発行された、明朝体で文字が書かれている五円玉も、額面よりも高値で取引されています。「日本国」が「日本國」となっているのが目印です。

これらよりもさらに高値となるのがエラー銭です。五円玉であれば、穴の位置がずれていたり、そもそも穴がない場合もあります。ただし、このエラー銭は非常に貴重なものなので、見かけることはほとんどありません。基本的に、製造過程で取り除かれてしまうものですし、運良く流通しても手に入れたコレクターが手放さないので、その後は流通しなくなるためです。

希少価値の高い古銭の基準

一般的に、発行枚数が少なく、希少なものほど、古銭としての価値は高くなります。それは、現在使われている硬貨についても同じです。従って、何らかの理由で発行枚数が少なかった年の硬貨の場合、コレクションとしての価値は額面以上のものになります。こうした古銭は、流通して、人の手から手へと渡ったものよりも、未使用品の方が価値があります。とは言っても、実際には未使用の硬貨を見つけるのは難しいことです。流通していた並品であっても、額面以上の価値を持つものはいくつかあるので、額面以上の価値を狙うだけであれば、未使用品に固執する必要はありません。

今となっては旧五百円玉と言われる硬貨は、特定の年代のものだと額面以上の価値を持ちます。その特定の年代の一つが、昭和64年です。この年に製造された五百円玉は、本来の値段よりも少し高値で取引されます。

同じく五百円玉では、昭和62年のものが、昭和64年のもの以上に価値があり、額面の2倍以上で売買されています。

こうした特定の年代の古銭は、極端に希少というわけではありませんが、だからこそ、まだ見つかる可能性があります。珍しさや価値であれば、エラー銭やもっと古く希少な貨幣があるでしょうけれど、比較的見つけやすく、探して成果があるかもしれないのはこのような特定の年代の硬貨です。次回から、新しい硬貨を手に入れたとき、一度、発行年数を確認してみるといいでしょう。身近に見つかる可能性があります。

遺品整理をしたら出て来るかも

蒐集家の数が多くはないカテゴリーの古銭ですが、遺品整理などの理由から流通量が増加傾向にあります。このため希少価値の高い古銭が混ざる可能性もあるため、蒐集家の間で競争するように買い求める現状があります。このため、価値がついたのが古銭です。また、年代が古くとも金銭には変わりがないため、何時でも現行通貨に換えられることから冒険には当たらず、額面通りの保証がされていることがこのカテゴリーの特徴です。ただし、海外の通貨や、大判小判などは銀行では交換できません。

買取では、年代や、状態、当時の発行枚数などで価値が異なるのが古銭です。例えば、フデ五と呼ばれる五円玉があります。これは、昭和24年から昭和33年の間に発行された硬貨で、昭和29年から昭和31年はつくられておらず7年間のみ製造されていました。フデ五は、硬貨に書かれている文字の字体が明朝体であることと、国の明記が日本國とされており、コクが”国”では無い五円硬貨を指します。年代別発行枚数では、昭和24年が111,896千枚、昭和25年が181,824千枚、昭和26年が197,980千枚、昭和27年が55,000千枚、昭和28年が45,000千枚、昭和32年が10,000千枚、昭和33年が50,000千枚となっており、特に希少性の高い昭和32年発行の五円玉ならば良い買取価格を見込めます。

古銭は、金券類の買取をする店舗や業者ならばほぼ請け負っています。査定には実績があり信頼のおける業者を選択することが大切です。